2020年12月09日

森の恵みでリース作り

森の恵みでリース作りを楽しみました。

まずは、材料採集。

12-8 yamanomegumi.jpg

森くまの周りをぐるりと1周しただけで、あっという間に日陰かずらがいっぱい。
いつもは厄介者のつるもリースの枠にくるりとまとめてできちゃった。

こちらは、古いリース。

12-8 hurui risu.jpg

古い日陰かずらを取って、今回採ってきたものと交換します。

日陰かずらを2~3本ずつワイヤーでくくって、リース枠にグルーガンでくっつけていきます。
くまちゃんとリボンはそのまま利用します。

12-8 risu tochu.jpg


まわりのカラマツやパン生地で作ったスプーンとフォークは、またつけなおしました。


日陰かずらを交換しただけなので、あっという間に出来上がり~~(^^♪

12-8 risu dekita.jpg











posted by 森くまママ at 20:35| 群馬 ☔| Comment(0) | 手づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

苦手克服ならず。。。

知り合いの農家さんからいただいた、ふき。
私が苦手なので、いつもは好きな方に全部あげちゃうんだけど、あまりにたくさんだったし、くまパパは好きなので、
1/3くらい細めのものを選んで下ごしらえしました。
(6/15のブログにて)

まずは、さつまあげと一緒に煮物に。
これは味付けがそこまで濃くないので、やっぱりダメでさつまあげだけ食べた。

そして、第2作目は。。。

ふきのごま煮。

6- hukini.jpg

レシピに佃煮とあったし、私の好きなごま油に鰹節、すりごまを使うとなっていたから克服なるか???と思ったが、
数本で終了。

次回は、もう少し濃いめの味付けの佃煮に挑戦しま~~す。

今回の実験でよくわかったのだけれど、ふきのスースーするような独特な香りがダメなのかと思いきや、それだけでなく
シャリシャリ?シャキシャキ?とした食感も苦手だったのでした。

こちらにきて、山のもの(たらの芽やこしあぶら、うどの若芽など)は随分克服してきたけれど、ふきは
手ごわいな~~。※うども若芽の天ぷらのみ。本体は無理

ふきはまだ挑戦するだけよくって、挑戦すらしないのがしいたけです。

好き嫌いがない人がうらやましいです。
posted by 森くまママ at 15:22| 群馬 ☔| Comment(0) | 手づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

苦手克服できるのだろうか???

農家さんからいただいた大量のふき。。。


6- huki.jpg

こちらは、いただいた中の比較的細めのものを選んだ1/3程度。
残りは、ふき大好きな方ふたりにおすそ分けしました。

くまパパは好きなので、頑張って下ごしらえ💦💦💦

私も多少は食べることを想定して、茹で時間は少しだけ長めに。
水にさらす時間もやや長めにして灰汁を抜き去る作戦。

筋とりをしていると、すでに独特のすーすーした香りが。。。

6- huki mizuni.jpg


翡翠色にきれいにできたけど。。。
私用には、佃煮風にしちゃいます。

きゃらぶきは食べられるけど、それよりかなり太いふき。
苦手克服できるかな?
posted by 森くまママ at 15:54| 群馬 ☔| Comment(0) | 手づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする